妻と男の物語


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告


嵌ってしまって・・・ 32

[Res: 9792] Re: 嵌ってしまって・・・3 美和 投稿日:2010/05/22 (土) 01:36

「じゃあ、帰ります・・」
何か言いたげな顔で、頭を下げる拓郎くん・・
そして玄関へと向かいます・・
それを追うように私も立ち上がり、玄関へ向かいます・・

土間の手前で振り返り、
「あ、ありがとうございました・・・・」
「ううん・・また・・よかったら・・」
「えっ・・・あ、は、はい・・ありがとうございます・・・」
「・・・あ、、そ、それと・・」
「・・・・・・」
「きょ、今日のことは・・絶対、秘密ね・・・」
「は、はい・・・・」

ムラムラしていた・・・
モジモジする感じで、恥ずかしげに話す美和を見て、
興奮してしまっていた・・・
3回も出してスッキリしているはずなのに・・・
それを忘れてしまったようにドキドキとしてしまっていた・・
(やば・・・なんかすげえ興奮する・・)
なんか息苦しいような・・そんな感覚・・
ブルーのスニーカーを履いて、息を吐いた・・
(このまま帰るのか?・・)
自分に問いかける拓郎・・・
(これじゃ、帰れないよ・・・)
いつのまにか強気な自分・・・

「また・・よかったら・・」
さっきの美和の言葉を思い出した・・・


平静を装っていましたが、身体にはまだ火照りが残っていました・・
たぶん目は、まだいやらしい光を出していたのではないでしょうか・・
拓郎くんの私を見る目・・・
興奮しているのが明らかにわかりました・・・
あんな目を見せられたら・・・
なんかドキドキしてしまいます・・・
また・・すごいことになっているのね・・・きっと・・

靴を履き、もう一度挨拶をしようと振り返ると、
両膝を着いた美和が、潤んだ目で微笑みながら、
「またね・・・・」

そう言って濡れた唇に思わず見とれ、
(ゴクッ・・)と、息を呑んでしまった・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


  1. 2014/03/26(水) 11:43:23|
  2. 嵌ってしまって・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


<<嵌ってしまって・・・ 33 | ホーム | 嵌ってしまって・・・ 31>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsumaotoko.blog.fc2.com/tb.php/2288-0aa051ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。