妻と男の物語


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告


嵌ってしまって・・・ 34

[10101] 嵌ってしまって・・・4 美和 投稿日:2010/05/27 (木) 01:15

凄まじかったあの日以来、何かが変わったような・・・
家族には決して見せることのない自分の姿に・・
興奮を抑えられずにいました・・・

あの日以来2日ぶりに見る拓郎くん・・
どんな顔を見せてくれるのか、楽しみでもあり・・
どんな顔で迎えればいいのか、という恥ずかしさ・・
その恥ずかしさがまた・・快感というか、興奮してしまう・・
そんな感覚を持っていました・・・

ドキドキと、ワクワクと、様々な感情を抱きながら、
彼を待ちました。
その日の格好は、普段通りで、
ジーンズにTシャツといういたって普通の格好です。
下着もいつも通りで、ピンクの上下です。
お化粧も、いつも通りです。
もしかしたら、「お誘い」があるかもしれませんので、
口紅は一応塗っておきました。

そして、いつものように彼はやってきました・・
いつもの挨拶を交わし、
洗濯物を受け取り、
いつものように2階にあがる拓郎くん・・
恥ずかしそうですが、なんかうれしそうな表情で・・
きっといろんなことを想像していたんでしょう・・
私もそうでしたから・・・

その日は、主人が早くに帰宅したため、何事もなく終わってしまいました。
残念のような・・でもちょっとほっとしたような・・
複雑な気持ちでした・・

そして、次の勉強日です・・
拓郎くんから電話がありました。
風邪を引いてしまったそうで、今回は休ませてほしいということでした。
大学も休んでいるとのことなので、心配になりましたが、
主人に報告したところ、様子を見にいってやってくれ、
とのことなので、翌日、洗濯物を持って様子を見に行くことになりました。

すみません、今日はここまでで・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


  1. 2014/03/28(金) 11:40:01|
  2. 嵌ってしまって・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


<<嵌ってしまって・・・ 35 | ホーム | 嵌ってしまって・・・ 33>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsumaotoko.blog.fc2.com/tb.php/2290-1dcf5114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。