妻と男の物語


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告


嵌ってしまって・・・ 61

[Res: 12046] Re: 嵌ってしまって・・・7 美和 投稿日:2011/01/28 (金) 02:23

「はいっ・・すぐ行きますっ」
部屋でこれから美和の画像を見ようとしていた拓郎に、突然の美和からの電話だった。
すぐにジーンズと白系のTシャツをつけて部屋を出た。
待ち合わせ場所までは急げば30分で着く・・
(おばさんに会える・・)
(外で会うのは初めてだな・・)
(どんな格好だろう・・・)
(映画ってどんなだろう・・)
(映画よりも・・・)
いろいろと想像しながら電車に飛び乗った・・・

待ち合わせ場所に近づくと、それらしい女性が見えた・・
ベージュのスーツに身を包んでいる・・・
(スーツかぁ・・・スーツもいいなぁ・・)
こちらにまだ気づかずに両手でハンドバッグを持って立っている・・
横からだが、美和と確認できた・・
(やっぱ・・いいなぁ・・・)
小走りに近づくと、こちらに気づき、やさしい微笑みを向けてくれた・・

「す、すいません・・遅くなって・・」
「ううん・・・こちらこそごめんなさいね、急に呼び出しちゃって・・」

近づいて見ると、おめかしした美和に少しビックリした顔をする拓郎・・
「?・・・」
「あ、、い、、いえ・・」
ベージュのスーツ、首元を飾る銀色のネックレス、耳にはピアスが光っている・・
髪は肩に掛かり先端がカールしていた・・
化粧はいつもよりも濃い目だが、フェロモンを一層高めていた・・
そしていつもより濃い目の口紅を塗った唇が妖しく光っていた・・
思わず見とれてしまった・・・
普段のソフトなメイクもいいが、今日は大人の女の雰囲気がムンムンだった・・

「す、すいません・・時間って大丈夫なんですか?・・」
「え?・・あ、ああ・・もう始まっちゃってる・・」
「す、すいません・・入らないと・・」
「え、ええ・・・でも、拓郎くん食事まだなんじゃない?・」
「え、、あ、はい・・・・」
「これからだとお腹空いちゃうわよ・・」
「あ、でも・・」
「もしかして見たかった?この映画?」
「あ、いえ・・別に・・・・・あ!・・いや・・」
「ウフフ・・そうよね・・若い男の子はあまり興味ないでしょ・・」
「・・・すいません・・・」
「じゃあ、ごはん食べにいきましょうか・・このまま・・」
「え、、い、いいんですか?・・」
「ええ・・キャンセルしちゃいましょ・・(笑)」
そう言うと、ニコニコしながら歩き出した・・
「何食べたい?・・」
「あ、、何でも・・何でもいいです・・」
横目でチラチラと胸元を見ながら歩く・・・
「食いしん坊だから、たくさん食べられるお店がいいわね・・」
昼休みのサラリーマンが昼食を終えてオフィスに戻っていく中、とんかつ屋の暖簾をくぐった・・
お昼時、割と広い店内ですが、やはりお客さんはたくさんいます・・
「たくさん食べてね・・」

まるでデートの雰囲気になってしまいました・・
まわりからは親子のように見えているのかもしれません・・
電話で呼び出したときから、ドキドキとしていました・・
一緒に歩くと、一段と(かっこいいなぁ)と思いながら、少しずつ「もうひとりの私」が、
顔を出してきていました・・・
なにしろ、「前回」はあっという間で終わりでしたので・・・

美和の発するフェロモンに拓郎はメロメロになっていた・・
(すげえ・・色っぽい・・)
(今日は時間あるのかな・・)
(写真だけでも撮りたいな・・)
食後のコーヒーを飲みながら、今日の経緯を説明され、うなずきながら考えていた・・
こちらも「前回」は、思い切ってお願いしたもののあっという間に出してしまった・・
いつもそうだけど・・自分に呆れながら、どうやってお願いしようか考えた・・
(ここでは言えないな・・・)まわりを見渡しそう思っていた・・

「ちょっと、お手洗いに・・・」そう言うと美和が席を立った・・
(どうしよう・・)

洗面所で身なりを整え、化粧を確認していると、メールが入りました・・
携帯を開くと、(拓郎くん・・!)
メールの相手は拓郎くんでした・・・
「今日は呼んでいただいてありがとうございます・・今日のおばさんすごく素敵なので
見とれてしまってます・・いつも素敵だけど・・^^
で・・そのぉ・・・写真って撮らせてもらってもいいですか?」
「写真?・・・」
「はい、素敵なので撮りたくて・・・、もし、OKだったら・・
席に戻ってお水を飲んでください・・」

大胆・・・メールだからでしょうか・・大胆に誘われてしまいました・・
写真・・・そう・・以前拓郎くんと和哉くん、二人に撮られたことを思い出します・・
ドキドキします・・・
あまり長居もできませんので、お手洗いを出ます・・・
私が席に戻ると、チラッとこちらを見る拓郎くん・・・

席に座ると、お水の入ったグラスを手に取って口に含み、小さく微笑みました・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


  1. 2014/04/24(木) 11:43:27|
  2. 嵌ってしまって・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


<<嵌ってしまって・・・ 62 | ホーム | 嵌ってしまって・・・ 60>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsumaotoko.blog.fc2.com/tb.php/2317-5a2d3bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。