妻と男の物語


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告


嵌ってしまって・・・ 69

[Res: 13186] Re: 嵌ってしまって・・・8 美和 投稿日:2011/07/04 (月) 01:34

2階に家族が寝ているというのに・・・・
手の中でガチガチに硬くなっている若棒くんに、
すっかりスイッチを入れられてしまいました・・・
上からカチカチくんを見つめながら、人差し指と中指で先走りを塗り捲ります・・
思わず口は半開きになり、唾液が溜まってくるのがわかります・・
パンパンに張ったカリの部分がキラキラと光っています・・・
拓郎くんはもうキーボードから手を離して、
私の顔や胸元、手先の動きを凝視していました・・
静まり返るリビングに、拓郎くんの荒い息遣いが響いて・・

いやらしく唇を湿らせると、上から咥え込みました・・
「んふぅ・・・・」
吐息が漏れます・・・
この硬さ・・太さ・・・たまりません・・・
「あぁ・・・・・」
拓郎くんの声が響きます・・
口を離して、シーっとたしなめます・・・
「す、すいません・・」
「静かにね・・」
「だって・・気持ちよくて・・」
「聞こえちゃうから・・」

会話中も硬さを確かめるように指を絡ませます・・
「っく・・・・」
「あん・・出ちゃいそう?・・」
「・・っく・・・・」
言葉になりません・・
握ると、びんびんと硬さが伝わります・・・
ゆっくりと扱きながら、我慢する顔を見つめて、
「いいわよ・・・このまま出しちゃって・・」
「あぁ・・・おばさん・・」
「静かに・・・」
「・・・・」
うなずく拓郎くん・・・
やさしく扱きながら、指を絡めます・・・
我慢している顔がかわいい・・・

「ウフッ・・・・いきそう?・・」
「は・・いっ・・・・」

根元を強めに扱きながら、先端を口に含み、舌でカリを舐め回すように刺激すると、
ガクガクと腰を震わせて・・・
「ぁ・・・ぁっ・・・・っく・」
「んんっ・・・・・・」

来ました・・・
この撒き散らされる感覚がたまりません・・・
ビクンビクンと唇に伝わる力強さも・・・
そしてこの濃さと量・・・
荒い息を聞きながら、出し終わるのを待ちました・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


  1. 2014/05/05(月) 11:45:34|
  2. 嵌ってしまって・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


<<嵌ってしまって・・・ 70 | ホーム | 嵌ってしまって・・・ 68>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsumaotoko.blog.fc2.com/tb.php/2328-2db6b7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。