妻と男の物語


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告


嵌ってしまって・・・ 71

[Res: 13186] Re: 嵌ってしまって・・・8 美和 投稿日:2011/07/10 (日) 02:26

「おっ、休講じゃん・・」
今日最後の講義は休講になっていた。
今日は美和の家に行く日である拓郎は思わずガッツポーズをとった。
(やった・・電話してみよう・・)
急いで美和に電話をかける・・・

「もしもし」
「もしもし? 拓郎くん?」
「あ、はい!・・あのぉ・・講義が休講になって、ちょっと早めにおじゃましてもいいですか?」
「え?・・・あ、、ええ・・・いいわよ・・どうぞ・・」
「す、すぐに行きます!・・」
「気をつけてね・・」

(やった!・・・オッケーってことだよな・・)
自転車に飛び乗り、走り出した・・・

(ウフ・・・・)
拓郎の声が興奮で上ずっていたのを聞いて、うれしくなる・・
この時間だと、まだ息子が帰ってくるまでは十分に時間がある・・
当然拓郎くんも期待している筈・・・
(着替えないと・・・)
OKのときや、誘いたいときにはいつも露出の多い服を着ている美和・・
普通のTシャツから、胸元の開いたエンジ色のカットソーへ・・
下着はベージュを着けていた・・・
パンツは7部丈のジーンズのままで・・
普通にしていればわからないが、上から見られたり、前かがみになると、
大きく開く胸元から中がよく見える・・・
(ウフ・・・)
リップを塗り、髪をとかした・・・

「ピンポーン・・」
「はーい・・」
「あ、た、拓郎です」
「待って、今開けるわ・・」
「・・す、すいません・・急に・・」
「ううん・・・大丈夫よ・・どうぞ、入って・・」
「失礼します・・」

胸元の開いた服・・・
やさしい微笑み・・・
(ゴク・・・やった・・)
「拓郎くん、汗びっしょりじゃない・・」
「え、、あ・・・・」
「すいません、急いで来たので・・」
「・・シャワーでも浴びる?・・」
「あ、え、ええ・・・」
「Tシャツあるから・・早く浴びてらっしゃい・・」
「は、はい・・」

薄く化粧をした顔で、やさしく微笑みながらシャワーを勧められた拓郎・・
(汗くさいと悪いしな・・・)
そう思いながら、もうすでに硬くなった状態のままシャワーで汗を流した・・
ガチガチの若棒を綺麗に洗うと、浴室を出た・・・
脱衣室でボクサーパンツを履き、頭を拭いていると、
ドアをノックされた・・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


  1. 2014/05/07(水) 11:41:11|
  2. 嵌ってしまって・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


<<嵌ってしまって・・・ 72 | ホーム | 嵌ってしまって・・・ 70>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsumaotoko.blog.fc2.com/tb.php/2330-b5e6512e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。